正確な作業が求められる家屋解体は専門の業者を利用する

作業員

劣化症状を知る

一軒家

長く住み続けた住宅は、至る場所で劣化が確認できるようになります。特に外壁や屋根といった場所は、紫外線や雨にさらされるため劣化が進みやすい場所です。外壁や屋根塗装をせずに放っておくと、住宅の耐久性に悪影響を及ぼす恐れがあるので、定期的にメンテナンスを施す必要があるのです。外壁・屋根塗装の際は、塗料の選択が重要なポイントになります。シリコンやウレタン塗料は、安く塗装できるメリットがありますが、耐用年数が短く定期的に塗り替えすることが求められます。近年では、光触媒塗料やフッ素塗料といった、次世代塗料が続々と登場しています。耐用年数の15~20年と長期間に渡るため、住宅に長く住み続ける予定の人は、包括的に考えて光触媒塗料やフッ素塗料の使用が勧められます。特に光触媒塗料は高性能な塗料であり、高い防汚性や抗菌効果が期待されます。また、水を弾く効果もあるため、雨が降ると住宅のクリーニングにもなるのです。屋根部分は雨によるダメージを受けやすい場所です。そのため、屋根塗装には機能的な光触媒塗料の使用が良いでしょう。
屋根塗装を施す時期として、築10年が目安だとされています。外壁・屋根は築10年を超えると劣化が進行すると言われており、塗料の変色などの症状で劣化を確認することが可能です。また、塗料が劣化したことで起こる「チョーキング」も、外壁の劣化症状の1つです。劣化症状を把握しておくことで、適切なタイミングでリフォームが行なえるでしょう。